忍者ブログ
音楽と読書とゲームと。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日夕飯の買い物に行ったら、スーパーの入口にビニールの雪ダルマが置かれてたんですよ。
おい気が早くないですか、と思いつつ買い物してる間に適当に考えたお話。

たぶん10分から15分くらいで読み終わります。
なんかイライラしてる女のこ・ミーツ・能天気な幼女。

本文は続きに。

 むかつく。あーむかつく。別に理由とかないけどむかつく。
 あるでしょ? そういうことって。ワケもなくイライラするときとか。ない? あるの。だって今あたしがそうだし。

 寒いし。雪とか積もりまくり。白い。真っ白だよ。
 それでそこかしこで子どもとか大人とかが雪ダルマなんか作ってるの。一生懸命でっかいの作ってるひととかちいさいの量産してるひととかいろいろだけど。あーもう必死になっちゃってむかつく本当。

 なんか雪ダルマ見てると余計イラッと来るんだよね。
 だから泥水ぶっかけてやった。
 真っ白できれーな雪ダルマが一瞬にして泥まみれ。真っ黒というか真っ茶色。汚れちゃったあーきたない。かわいそー。
 ちょっと目を離したせいで苦労の結晶を台無しにされちゃった女のこが、泣きそうな声あげながら家の中に駆け込んでいった。おかーさーん。だるまさんがー。
 まったく。どうしようもないな。

 何こめかの雪ダルマに泥水ぶっかけた後、ふっと振り返ると、ちっさな女のこがあたしを見上げてた。上目づかいで。ぼけーと。
 まったく気配を感じなかったあたしはびっくりして、思わず声をかけた。
「何あんた?」
「雪ダルマつくろ?」
 話しが通じないからガキは嫌いだ。
「作らない」
 そう言って逃げようと思ったら、マフラーの端っこを掴まれた。首しまった。
「放してよ」
「じゃあおねーちゃんは、からだのほうね。おっきいの作ってね」
 話しが通じないから、ガキは嫌いだ。
 まじで作り始めてるし。三歩転がすごとにこっち見んなよもう。

 あーもう寒い冷たい手袋べちゃべちゃだし重いしなんだこれ雪ってなんでこんな重いんだよふざけんな。
 ていうかなんであたしは雪玉転がしてんだよ。
「ふおーもう少しでできるよおー」
 ふおーじゃねえよ。寒いよ。
 あーもうリアルに冷たいよ手が。もうとっとと帰ってコタツ入りたい。コタツでみかん食べたい。むくのがちょっと面倒だけどこの際ぜいたく言わないから。そしたらシロ適当にいじった後でコタツで夕寝。そうだそうしよう。
 ちなみにシロはうちの飼いねこだ。

「できたーッ!」
 肩で息をするあたしは返事できない。でっかい雪ダルマが、真っ白まっさらなスノウマンが生まれちゃったよけっきょく。ガキには頭持ち上げるの無理だから、完成させたのはあたしなんだけど明らかにガキのほうが喜んでる。重かったっつの。
「ようし」
 はいはいよかったね。あたしは疲れたから、濡れるのも構わずスノウマンの横に座り込んだ。ガキはてってってとスノウマンから離れていった。おいちょっとまてもう帰るのかよ。すこしは遊んでけよ。あたし何のために働いたんだよ。
 と思ってたらこっちに戻ってきた。ガキはワケわからんから嫌いだ。
 はあ、とため息ついて俯いたあたしの耳に、やたら元気なガキの歓声が飛び込んできた。

「たあーっ!」

 ふっとんでった。
 あたしの目の前で。スノウマンの頭が。
 ドロップキックだった。それはもう見事なドロップキックだった。揃えた両足がスノウマンのどたまにクリティカルヒットしてすこーんともうだるま落としみたいにふっとんでくのがはっきり見えた。
 スノウマンの頭は勢いよくふっとんだあと、地面にぶつかると粉々に割れた。粉々。完膚無きまでに粉々だった。真っ白だったけど地面の泥雪と混じって区別つかなくなった。それはもう、あっという間に。
 スノウマン、お亡くなり。
 享年一分。
 早。
「あはははははは!」
 やったらうれしそーな、ガキの笑い声。雪の中に倒れこんだまま、げたげた腹抱えてわらってる。もう本当心の底からたのしそーなの。すごい。わらいすぎ。明らかにわらいすぎ。
 で、あっちみれば粉々の元スノウマン。あたしが苦労して持ち上げてやったスノウマン。
「ぶっ」
 なんかウケた。
「ははっ。オマエ、やってくれたなこら」
 ぱぁーんと軽くガキのあたまをひっぱたいてやった。でもまだ笑ってるし。
 ガキは笑い続けてる。あたしも座ったままちょっと笑った。通行人にへんな目で見られたけど、まあいいや、ゆるしたげる。
 ああ、なんか早くあったまりたいな。帰ってコタツとか入ってみかん食べたい。
 そんでシロいじくいって、コタツつけっぱで夕寝するの。
 気持ちいいぞきっと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
猫は炬燵で
理由のない苛立ち。
汚すことで満たされたように感じる乾いた心。
壊すための創造。
造る事の苦労を理解した上での破壊。

不条理で不可解な出来事が感情を呼び覚ます。

・・・ミカン食べたいなあ。

ところで、泥水はどこから汲んできたのかなぁ。
ペットボトル入りの泥水(カフェオレ風)
YOS 2007/11/07(Wed)01:18:00 編集
無題
ミカン食べたいねえ。

泥水はたぶんペットボトルとかなんでしょう。まさか桶もってうろついてるわけでもないでしょうし。
泥水汲んでる姿思い浮かべるとちょっと面白いな。オマエのほうこそ必死じゃんと。

そんなに泥ひっかけるほど雪ダルマだらけとかどんだけのどかだよ、とかいろいろツッコミどころはありますのう、やっぱり。
しおん 2007/11/07(Wed)18:49:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[09/18 しおん]
[09/18 モシ]
[07/25 しおん]
[07/25 あれっく]
[07/24 しおん]
プロフィール
HN:
しおん
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI