忍者ブログ
音楽と読書とゲームと。
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.fujimishobo.co.jp/mystery/search.php?pcd=200707000117

中学生の女のこがいきなり自殺未遂します。
――というところに惹かれて読んだ小説。

鬱っぽい女のこが、すこし前向きになる話。


最後近くの、主人公が斧で人形を叩ッ壊すシーンがやたらと爽快。
こういうのを女のこにやらすことに、意味があるのかも。
やりそうなイメージがないことをやらすっていうカタルシス。

存在する萌えポイントは、百合。
女のこ同士でキスしてたりします。
といっても、話しの流れ的に意味がある行為なので、萌えが前面に押し出されてるわけでもなし。
主人公が全編に渡って死を意識してるので、基本的に暗いんですが、
こういうシーンがあるとある程度は中和されますね。

あとヒロインがボク娘。

 

印象的な文。

>創作活動とは決して輝かしい行為ではないことを、あたしは改めて痛感させられた。
>(中略)
>もしかしたら、作品にとってリガヤという存在など、蝉の抜け殻にも等しい存在なのではないか。

着想を孕んだならば、痛みを越え、それを産まねばならない。
創作者とは、本質的に女性なのだ!
意味わかりませんね。適当に言ってみました。


>「なっ! バカなこといってんじゃないわよ! あんたに餓死されたら、あたしの目的も果た
>せなくなるんだから! そ、それだけなんだからねっ!」

デフォルトなツンデレ台詞にクスリ。
でもツンというよりは、鬱々としてるから、ウツデレですね。



ところでリガヤは、あの創作でどう海幸を殺すつもりだったんでしょうね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
妄想を作品という形に昇華させるという行為はそれ相応の代償が伴うということか。
なんというか惹かれたところが「らしい」ちょいすの作品だね。

それにしても「こんなところで死なれては困る。お前を倒すのはオレだ。」的な台詞はツンデレだったのだね。
YOS 2007/11/03(Sat)19:17:03 編集
無題
暗そうな雰囲気だと思わず手にとってしまう。でも最初暗そうだと、だいたいは明るい方向に転換するから微妙なんだけどもね。

>「こんなところで~
ツンとデレが同時に発現しているので、従来の「分離型ツンデレ」に対し「同時型ツンデレ」という概念を提唱。
……とか細分化していくのは、暇つぶしには丁度いいかもしれないなとちょっと思った。
しおん 2007/11/03(Sat)22:26:51 編集
無題
人形を壊すで思い出したけど
アメリカのティーンの間ではバービー人形を虐待するのがcoolなんだってさ
少女性と決別するためのオトナの儀式なのかなぁ
人形壊すと呪われそうだから無理だぁ
まりり 2007/11/03(Sat)23:03:31 編集
無題
人形壊すって面白いね。
この作品でもそんなかんじの使われ方(少女性じゃないけど)。

バラバラにされたバービー人形が合体して巨大ロボになって襲ってくる悪夢がティーンの間でcoolに流行
したらやだな。
しおん 2007/11/04(Sun)11:43:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[09/18 しおん]
[09/18 モシ]
[07/25 しおん]
[07/25 あれっく]
[07/24 しおん]
プロフィール
HN:
しおん
性別:
非公開
自己紹介:
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI